ワンコと一緒にどこへでも!

ちょっと大変だった開聞岳の登頂

ちょっと大変だった開聞岳の登頂

去る平成30年4月8日、ワンコを連れて開聞岳に登ってきました。下山途中に体を支えようと掴んだ木の枝が折れて転倒し、リュックに入れていたワンコ3号が丸木橋から落下するハプニングもありました。でも、山頂はとても気持ちよかったですよ。

文字サイズ:

まずは登山者用駐車場に車を止めます。

画像の説明

駐車場から開聞岳を見上げることが出来ます。

画像の説明

案内板に従って登山口に向かいます。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

いよいよ開聞岳登山の始まりです。この辺りはまだ緩やかな登りですけど・・・

画像の説明

だんだんと登山道は厳しくなってきます。

画像の説明

ワンコ3号は登るのを躊躇して見上げています。結局は観念したのか登ることが出来ました。

画像の説明

疲れたのか抱っこを要求してくるワンコ3号。

画像の説明

ワンコ4号も疲れ気味。

画像の説明

水分補給の休憩中です。。

画像の説明

中腹まで来ると錦江湾が垣間見れるところも出てきます。

画像の説明

やっと7合目。あと1.1kmとか。

画像の説明

しかし、まだまだ道のりは険しかったです。

画像の説明

画像の説明

やっと9合目を通過です。

画像の説明

やがて素晴らしい眺望が。あと少しです。

画像の説明

でままだこんな難所も・・・ワンコにはキツイですね。でも、自力で登りきることが出来ました。

画像の説明

ワンコ4号は、もう嫌だとでも言いたいのでしょうか。

画像の説明

あと52メートル!

画像の説明

山頂到着です!

画像の説明

眺めは最高!爽快なり、爽快なり。

画像の説明

ワンコ3号は疲れ果て、わたしにの上着のなかに収納です。

画像の説明

ワンコ4号は何を見つめているのでしょうか。

画像の説明

下山して駐車場に戻ってくると、ワンコ3号は車にまっしぐら!もう車の中で寝たいのでしょうね。車は連れ合いが当時乗っていたCX-8ですが、今は電気自動車にかわっています。

画像の説明

コメント


認証コード2125

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional